夜中の引越しは不信感満載

私も目撃した事があるのですが、近所で夜中に引っ越して来たりすると、どうしても不信感が募りますよね。

 

これから末永くお付き合いをするご近所ですから、真夜中の引越しは出来れば避けた方が無難です。
とはいえ多いのが、利用者も想定外の真夜中引越しになケースです。

 

主に引越し繁盛期の3月に起こりやすいトラブルで、時間指定なしのフリー便(午後便)で引越し依頼した場合に勃発します。事故で道が渋滞してしまったり、そもそも業者側が引越し依頼を安易に受け入れすぎるという不手際のせいで、業者側の到着が大幅遅れになります。

 

 

その結果引越しが夜中になってしまうのです。利用者は怒りが込み上げてくるでしょうが、元々時間指定なしのフリー便で依頼しているのですから仕方ありません。

 

 

その分価格は安い筈なのです。それでもイライラするのは当然でしょうし、中には「午前便」で契約しているにもかかわらず業者が来ないこという場合もあります。そんな時は速やかに業者側に電話連絡し、確認しましょう。

 

 

それにしても日付が変わってから業者の人達が来て、いざ引越し作業って・・スタッフ達の疲れもピークでしょうし、自分の身体もえらいですよね。当日キャンセルは料金が発生しますが、理由を述べてキャンセルするのも手です。

 

 

その際事情を説明しますが、こちら側が優位になる様文句を言った方が良いです。せっかくの引越しなのに夜中にこそこそって、まるで夜逃げですから。実際私も、この家族は夜逃げしてきたのだと思いましたから。翌日奥様が引越し挨拶に来たのですが、豪華な手土産を持って平謝りでした。

 

夜逃げではなく、業者側のトラブルで引越しが夜中になってしまったそうです。

 

 

あと何軒に豪華な手土産を渡すのか?損しただろうと、可哀想に思えてきました。

 

本人不在でも引越しできるの?

普通引越し当日は、本人立会いの元で行います。

 

もしも当日にどうしても立会えなくなった場合、どうすれば良いのでしょうか?

 

例えば急な仕事とか家族間の事情とかです。

 

結果から言うと、立会人なしの引越しは無理だと思った方が良いです。

 

もしも荷物の紛失があった場合、依頼側は「業者側がなくした」、業者側は「そんな荷物最初から無かった」となり、真っ向から対立してしまいます。

 

荷物の破損なども同様で、責任が明確にならないまま過ぎてしまうのです。どうしても引越し当日に本人が立ち会えなくなったら、家族や知人など信頼ある人に頼んで、立会人として業者に対応して貰いましょう。

 

それも無理だった場合、1度業者側に確認してみて下さい。引越し日の変更などを考慮してもらい、なるべく円滑に引越しが終了する様に努めるべきです。

 

 

最近はネットで引っ越し業者の一括依頼ができますが、中小業者になると「立会人なしでも依頼を受けます」という誘い文句で、依頼主を獲得しようとしてくる事もあります。あるいは単身専門の引越し業者が、立会人なしの引っ越しサービスを行っているケースも少なくありません。

 

 

事前に旧居と新居の鍵を預かって、立会人なしで作業を勧めます。

 

まだまだ少数派の業者であることと、特殊な状況の時だけに依頼を絞る事、なるべく立会う努力をする事が大切です。
後でトラブルになって後悔しても遅いので、やはり最初から最後まで立会う責任がある事を忘れない様にしたいですね。(料金相場の再確認はコチラ)

更新履歴